投稿者 alldays-vacation | 2010年10月23日

心と頭を守るハーブ

先日エビちゃんが、

「最近シベリアニン○ン&イチョ○ハがいいんですよー」

と言うので、

「何がいい?」と訊きました。

「朝起きて仕事にむかうときの気分が全然違う」
という答えでした。

で、調べたところ。

ニンジンのほうは、
抗ストレス&プレッシャー。
宇宙飛行士やオリンピック選手も愛用しているそうです。
まあ、飛行士や選手ほど高ストレス&プレッシャーの中で生きてる人はいないと思いますけど…

また、舞台の役者さんにもよく利用されています。
舞台前の緊張感からくるストレスをやわらげ、舞台でリラックスして、自分の実力を出し切るために使われます。

リラックスして集中する、というのがどんな分野でも結果を出すのに最も望ましい状態だということですね。
エビちゃんそんなストレス&プレッシャーかかってんのかなぁ?

このハーブにはすっと心を落ち着かせる作用があります。
  ◆ イライラしている時、緊張が続いた時、目が覚めて寝られない時、
  ◆ 仕事が忙しく、疲れて頭が興奮しているとき
  ◆ 自分の実力をここぞというときに出し切りたい人
  ◆ 大きな目標を掲げて、自分にプレッシャーをかけている人
  ◆ 環境の変化で、色々と気を使うことが多い人
  ◆ ショックな出来事などで、ストレスが溜まっている時
  ◆ いつも気持ちが落ち着かない、漠然と不安になる人

ぜひ、上手に利用してください(・ω・)/

イチョウのほうは、
脳と血管を健康に若く保つためのハーブです。
イチョウは約2億5千万年前から生息し、地球の変化を乗り越えてきた強じんな植物なんです。
恐竜も食べたそうですよ。

アメリカ医師協会は、「アルツハイマー患者での臨床実験において、イチョウ葉エキスはどんな薬よりも効果的だ」と報告しています。

他にも・・・
 ◆ 知的労働や学習の際、脳内の栄養と酸素の働きを向上させる
 ◆ 気分がすぐれない、いつも疲れがある
 ◆ アレルギー(皮膚アレルギー、喘息)
 ◆ 生理のトラブル、精力減退
 ◆ 老化に伴う痴呆、心臓病、脳卒中、視力・聴力障害、の予防と改善

などに効果があると報告されています(・ω・)/

つまり、ニンジンで心を守り、イチョウで頭を守る。
そういうサプリだってことですね。

昨日はオフィスで「ひとりQ&A」やりました(=゚▽゚)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。