投稿者 alldays-vacation | 2010年11月7日

直販世界No.1のプライド

昨日はカキーの新規アポのはずが、きいてみるとすでにメンバー(゚Д゚!
昨年登録してコーヒーだけ気に入ってずっと発注してるそうです。

ううっ(ToT)

「もうメンバーですよ」
これほどメゲる言葉はありません…(ノω・、)

それでも製品やらビジネスやらいろいろオススメしてしまっているAw教な俺( ;∀;)

次行こ!次!

昔に書いた日記の、Awのスキンケア&メイクブランドArt○stryの紹介文です↓
なかなかいいこと書いてるので(自画自賛)再載せ^^ノ

————
 Art○stryは、世界の化粧品売上TOP5ブランドに、すでに長年入り続けています。
 (ユーロモニター調査による)

 他のTOP5は、ランコム、エスティ・ローダ、シャネル、クリニークですが、この4メーカーは世界中どこのデパートにも空港の免税店にも必ず出店している、化粧品業界の巨人ばかりです。
 東京にも、上海にも、パリにも、ロンドンにも、ニューヨークにもあります。

 でも、Art○stryだけが、どこにもありません@@!

 その売上が、出店や、TVや雑誌のCMでなく、主に消費者の「口コミ」によってなされたものであることは、驚異的なことです。
 なのでもちろん「直販」ではずっと世界一売れ続けている化粧品ブランドです。

 口コミのビジネスシステムだけが成長の原因ならば、他のメーカーにも同じチャンスがあるはずですが、
 Art○stryが急速に世界中にひろがっているのは、やはり製品そのものの品質が消費者に強く支持されたということの何よりの証明でしょう。

 「訴訟国アメリカ」の消費財メーカーは、日本の消費財メーカーに比べて消費者の厳しい眼に常にされされているために、全体的にチェック体制が厳しいと言われます。

 たとえば、新しいスキンケアのシリーズを開発→発売するために、たいていのメーカーは100人前後のモニターテストを行いますが、Art○stryは7000人以上のテストを行います。

 しかも完成された製品のテストだけではなく、成分ひとつひとつを肌の上にのせてゆくテストも行っているのは、おそらくこのメーカーだけでしょう。

 Awが背負い続けている「100%現金返済保証」という宿命とプライド。

 それが、Art○stryの徹底した開発姿勢を支える根底にあるものです。

————

今年もいよいよArt○stryの保湿力が必要な季節になってきましたね( ̄ω ̄;)カゼガツメタイ!

広告

Responses

  1. 私の今日スポンサリングした方は元SPでフロントとアム婚したという、メンバーやめてた方でした☆ラッキー♪
    他系列ってわかってもビジネスや製品のよさを語ってしまう鉄也さん腸素敵です( ´ ▽ ` )ノ


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。