投稿者 alldays-vacation | 2010年11月23日

アミノ酸バランス

昨日は心斎橋でダイヤ以上会議でした。

いつもの大会議室がこんな感じに…

なんか違うところみたいでした^^;

予想どおり日本Awの社長にみんなズケズケ直訴(=゚ω゚)ノ
会社もがんばってます( ̄▽ ̄;)
我々はいわばマーケティング代理店ですが、
社長自らこんなに代理店の意見に耳をかたむける企業って、
中小企業ならいざしらずAwほどの巨大企業ではそんなに無いのかもしれません。

帰りにサイトウ、みっちゃん、コジマあきちゃんなど京都組とラーメン食べて帰りました。

さて今日は前に書いたものの再載シリーズ。
「プロテインについて」です↓

 サプリメントといえば、まずビタミンやミネラルに眼がいきがちです。
 でも、それ以上に大切なのはプロテイン(たんぱく質)=アミノ酸をちゃんと摂ってるかだと言われます。
 アミノ酸補給を無視したベジタリアン(菜食主義者)が、長生きできないのもよくきく話です。(無視してなければOKです)

 なぜでしょう?

 人間の体は約60兆個の細胞からできていて、それが毎日毎日、古い細胞が死に、新しい細胞が生まれる、つまり代謝しています。
 1日に約3000億の細胞が代謝しているといわれます。
 単純計算では約200日で、私たちの体は入れ替わる計算になります。
 実際には肝臓は7ヶ月、胃の粘膜は3日、骨は1年以上というようにバラツキがあるのですが、とにかく思うより短期間で全身の細胞は入れ替わっているということです。

 その細胞の主な材料こそがプロテイン=アミノ酸で、21種類あります。
 そのなかでも特に必須アミノ酸といわれる9種類のアミノ酸は、毎日一定量以上、摂取しないと健康が維持できません。
 その必要量は、成人で健康体重の1/1000(50kgの人なら50g)、育ち盛りの子供では2/1000です。

 食事からの摂取量の目安は、例えば牛肉100g食べれば、約15gのアミノ酸がとれます。
 豚肉、魚、鶏肉など多少ちがいますが、動物性たんぱくの食事では15%前後がアミノ酸ということです。

 植物性のたんぱく質(大豆など)では、細胞壁があるので、吸収率が落ちます。
 ちなみに納豆を食べる時は、普通の納豆よりひき割り納豆で摂ったほうが、吸収率が6倍になるというのも、この細胞壁が粉砕されているためです。

 9種類の必須アミノ酸をバランスよくちゃんと摂っている人はまれです。
 肉・魚・卵・乳製品・大豆を毎日摂っていれば、OKなのですが、なかなかそれを意識して生活することは時間的にも金銭的にも大変です。
 でも、健康な細胞を作るには、9種類すべてが必要なんです(x_x)

 大豆プロテインは細胞壁が粉砕された状態で、とても吸収が良く、人間が摂るアミノ酸としては理想的な形といえます。

 また、プロテイン摂取はいまや「体力アップ」や「脂肪燃焼ダイエット」の基本で、スポーツ選手やファッションモデルの間では、1日3回プロテインを摂取することが、今や常識になりつつあります(・◇・)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。