投稿者 alldays-vacation | 2010年12月29日

大河ドラマでペイフォワードな【the語り部集団】

いよいよ年末!
Yukkyの「あと40まだあきらめてませんよ宣言」にはちょっとシビれました☆
大晦日までがんばるって、ある意味いっそすがすがしいというか、あとから思い出したらいい思い出になると思います。
特に20代の頃はそれくらいやったほうがいいと思います。

先日の日記で紹介した飯野Eme。
今日はちょっと彼女のヒストリーを聞いてて思ったことを書きます。

彼女はタクミさん(FCA)グループの人です。

17の高校生のときに、
友だちに誘われてイヤがったお母さんの代理でMTGに行って、
タクミさん(当時30歳くらいでトリプル)の話を聞いたそうです。

「こんな自由なオトナがいるのか!」と衝撃を受けたそうです。
そこから、学生の間はビジネスはできないけど、タクミさんとはときどき付き合いがあって、製品は愛用していて、
よしもとNSCなどを経て、社会に出てからビジネスをスタートしたそうです。

その話を聞いてて、
「大河ドラマみたいな仕事やなぁ」とつくづく思いました。

タクミさんは近いグループでは無いし、AWの結果は雲上の人。
現在は作家としてもベストセラーを連発してる人です。

写真は京都北山のヴィレッジヴァンガードのタクミさんのコーナー。

そんな凄いタクミさんですが、
俺はキャリアだけは古いので彼が21歳くらいの時から知っています。

俺が25歳でサインた直後、
「20歳ですでに6本独立させてる男がいるらしい!」
という噂とともに、ダビングを重ねて顔が歪んだビデオが回ってきました。

それがタクミさんを目撃した最初です。

IQの高さや、記憶力や、発想力や、言葉のまわしかたなんかにかなり自信があった井の中の蛙だった当時の俺は、
そのビデオを見て(マーケティングでした)
「こんな20歳のやつがこの世界にはいるのか!」
と、かなり衝撃を受けた覚えがあります。

その1年後、パールDDの自分が主催した会場MTGに当時21歳でダイヤだったタクミさんにゲストに来てもらったのが直接会った初めてでした。

その9年後に高校生の飯野さんがタクミさんと出会い、
そして31歳になってEmeを達成してて、ゲストスピーカーとして溌剌と話していて、
その話を笑って、または目をキラキラさせて、または真剣にノートを取りながら聴いてる20代の人が、会場にはたくさんいて、
そのなかで数年後にまたゲストとして話しだす人が必ず出てきて、

それを延々というか脈々と続けているこのビジネスに、
今さらながら感慨深いものを感じます。

大河ドラマというか、
ペイフォワードというか、
まさに【The語り部集団】です。

その中にまだ全然主役級じゃないけど、
セリフ有りの登場人物としていることが本当に幸せだし、楽しいです(^人^)

私も、もういっちょがんばって、
助演男優賞Getします(・◇・)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。