投稿者 alldays-vacation | 2011年1月15日

メイク落しは美容液より重要?

昨夜は久々にカドちゃんが来宅。
今後のことをいろいろ打ち合わせしました☆
最近かなりいろんな人に会えてるようで、
40代男性でも工夫さえすればじゃんじゃんイケることを証明しておくれ^^ノ

今日は女医マリリンさんの先日のブログから転載させていただきます。
男の私では、書けないメイクねたですので、、、
——–
昨日は、ママのコスメ一式を買ったついでに、実家に置いておくポイントオフを購入しました。

みなさん、ポイントオフ専用のクレンジング、ちゃんと使ってますか?
通常のメイククレンジングと併用して、アイメイク専用メイククレンジングは使っていない人って、結構多いです。

でも、ご存知でしょうか?
ポイントオフを使わないって、実は、美容には「最悪」なことなのです、、、、

皆さん、目元ケアは、どんなふうにしてますか??
アイクリームやマッサージやパックなど、目元だけ特別にケアをしている人も、たくさんいらっしゃるでしょう。
目元には、そういった特別なケアってすごく大切。

でも、それ以上に大切なことが、「目元専用クレンジング」です。

皆さんは、寝る前のメイククレンジングでは、いつもどんなふうにアイメイクを落としていますか?
目元の皮膚は、他の部分に比べて、遥かに薄くてデリケートです。
クレンジングのときに、ごしごしこすったりするのはNG。
不必要な摩擦を、デリケートな目元の皮膚に与えてしまうと、色素沈着の原因になります。

目元のアイメイクを落とすときは、ポイントオフをきちんと使って落としてください。
ポイントオフをコットンに含ませ、なじませるようにして落とすのが大切。
ポイントオフは、ケチらずにたっぷり使いましょう。

このとき、目の中に液が入ったりしやすいので、ポイントオフ選びは、慎重に。

市販のものの中には、「ポイントオフ」とは名ばかりで、こすったりしなくてはメイクを落とせないものや、目の中にはいると、視力低下を引き起こすものもあります。

特に、最近の流行りは、濃いめのアイメイク。
「お湯で落とせるマスカラ」など、簡単にクレンジングできるコスメもたくさん発売されてますが、そういった「お手軽アイメイクコスメ」であっても、ポイントオフは必要です。
お湯で落とせるから、と、ごしごし水洗いしては、目元ばかりか、周囲の皮膚まで傷めてしまいます。

摩擦によって起こった目元の色素沈着は、非常にやっかい。
慢性的なクマのような状態になり、いつも疲れてるような表情になるし、老けて見えます。
色素沈着を起こしてから、あわてて美白化粧品をつかったりマッサージやパックを始めても、できてしまった色素沈着は、まったくのゼロにはなりませんし、年齢とともに、治りにくくなります。

クレンジングの摩擦が肌にダメージを与えるという知識がなければ、もっとちゃんと落とさなきゃ、と、必要以上にクレンジングをしすぎて、顔全体がくすんでくる。すると、顔色が悪くなり、メイクのりも悪くなる。
シミや肝斑も、間違ったクレンジングによるものだと言われています。

さらに、過度のクレンジングで乾燥する。
乾燥すると、とくに皮膚の薄い目元には、シワができる。
色素沈着やクスミ、シミを気にしていたら、ストレスで、今度は、肌は乾燥しているのにニキビがぷつぷつ、、、、、、、

これは、最悪のパターンですが、間違ったクレンジングをしていたら、こんなふうになってしまうことも、じゅうぶん起こり得る。

マッサージやパックやエステには妙に詳しくて、寝る前には高級クリームを塗ったりするのに、目元専用のメイク落としは、「面倒だから通常のメイククレンジングしか使わない」と言う人は、すごくもったいないな、と、いつも思います。

だって、全体クレンジングの前に専用のポイントオフでアイメイクを落としても、せいぜいかかる時間って、両眼で5分程度。
どんなにたっぷりコットンにしみこませても、ポイントオフ一本の値段って、たかがしれてます。
なのに、エステに行けば、短くても一時間ぐらいはかかるし、高級クリームやパックは、メイククレンジングに比べてずっと高い!
目元にシミや色素沈着、しわができてしまったら、そのケアをするのにかかる時間やお金は、、、、、、あまり考えたくないですよね。

正しいクレンジングは、どんなパックや美容液にも匹敵する、最高のスキンケアです。

ちゃんとポイントオフを使って、キレイな女の子がたくさん増えるといいな、と思いながら、ポイントオフを買ったマリリンでした☆
——–
ということでした^^;
なるほど、メイク落しは化粧水や美容液やクリームと同じくらい肌には大切なポイントなんですね。
美容外科医のマリリンさんが言うと説得力大です。
男もメイクはしないけど、皮脂自体の分泌は女性より多いので、たまにはW洗顔して毛穴の奥に残った油ヨゴレを落としたほうがいいです。

話しは変わって、トイレの神さまで大ブレイクの関西女子、植村花菜がさんまのまんまに出てて、
本人の目の前で【便所神】と発言してたさんまに大ウケしました。
流石はさんま!

さんまと言えば15歳のとき、
当時ディスコでよく会ったひとつ年上の女性とつきあっていて、
「この人いまはまだ無名やけど、すぐに超売れるから憶えときや」
と、紹介されたのを憶えています。
あの頃さんまは20歳くらいだったんでしょうね。

古い写真をスキャナーで読み込んで全部HDDに取り込んでおこうと今していて、
当時の写真がいっぱい出てきたので思い出しました。

写真とともにチケットとかいろいろ出てきました^^

77年の矢沢永吉の武道館ツアーのチケットです↓

思えばAwを仕事として選んだおかげで、
ハイティーンの頃とそんなに変らない生活パターンをずっと送らせていただいてます(・∀・)感謝☆

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。