投稿者 alldays-vacation | 2011年2月4日

クリーニング屋さんもびっくり(◎▽◎)

目玉新製品がメジロ押しの2011年です。

まず今月9日にマスクが発売されます!
医療用レベルの除去率とフィット感&快適さ(息苦しくない)を実現したマスク。
フィット部に低反発ウレタンを使ってること、
独自の4層フィルターマスクであることが特長です。
N95認定を受けるための時間をパスして発売を早めたそうです。

そして3月には一発でわかるヒーリング美容液が、
4月には先日の日記で紹介したXsが出ます。

でもAwはもとは洗剤から始まったメーカーなんです。
(Awの前身といってもいいニュートリ時代を含めればサプリからなんですけど)

そのことを昨日は科学者のU君にデモを見せていて改めて思いました。
最近でこそ珍しくなくなった【生分解性プラスチック】
それを50年も前から容器に採用している偽善じゃなくエコなメーカーです。
輸送用ダンボールの再生紙だってそうです。
日本の良識あるメディアを代表する【四大新聞】各社が再生紙を使い始めた時期と比べると、AWのエコに対する意識の高さが本物だということが良くわかります。

Awがメーカーとしては珍しい(世界で2社だときいています)国連環境功績賞を受賞している企業である、ひとつの理由です。

今まで数え切れないくらいやってて今でも好きなデモは、
プリ○ォッシュ(以下PWと略)のデモです。
シャツやブラウスの襟、首や薄い色のソックスなどの部分汚れ用のスプレーです。

鏡の上に油性マジックで●をふたつ書く。
かたほうに他社(たいて手でもんで落とすもの)、もう片方にPWをスプレー。
上にティッシュをかぶせて数秒待ってから、テーブルクロス引きの要領でティッシュをさっと引く。
するとPWのほうの●はほとんどとれてるのに他社のほうはとれない。
というデモです。

やったことない人はぜひやってみてください(=゚▽゚)/

PWはクリーニングに出す時にも、薄い色のシャツやジャケットなんかの袖口にかけて出します。
(染料や生地によっては使えないものもあるので注意)
クリーニングしても袖口や襟の黒ずみが取れないことってけっこうありません?
クリーニング店でそのことを伝えると、1回目は、
「そんなシミ落しつけてもろたらかえって落ちひんかもしれませんよ」
「うちはプロですからねー」とイバるんですが、
クリーニング仕上がった服を取りに行った時に、
「そのシミ落しいくつか売ってもらえませんか?」
と言われるので、何軒かのクリーニング屋さんに小売していたことがありました。
今はじゃまくさいのでやってませんけど( ̄▽ ̄;)スキナモノジブンデタノンデネ

PWは一家に1本は常備しておくのがオススメです。
ゲホゲホなるので通気性のいいところでスプレーしてください。
もしくは前述のマスクをしてスプレーしてください(・・)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。