投稿者 alldays-vacation | 2011年3月17日

忘れてはならないこと!

被災地では今「飢餓・孤立」という災害が進行しています。
少しでもということで、まっすんCAでまとめて定期的に直接救援物資を届けることになりました。
昨日は冬物の服やおむつやキャットフードなどを持って行きました。

【咽喉もと過ぎれば熱さを忘れる】
という言葉があります。
人間とはそういうものなんでしょうか?
今回の津波の被害を見て、そんなことを考えてしまいました。

あるかたのブログを読んで知ったんですが、
三陸地方には「津波てんでんこ」という昔から伝わる言葉があるそうです。
(以下、転載)
——–
津波から逃れるためには、知人肉親の安否構わず、たとえ薄情と罵られようが、自分ひとり、逃げて逃げて逃げ延びろ!振り向くな!走れ、高みへ!

津波から自らの命を守ることは、それだけ難しい、厳しいのだ、と。
父祖から伝えられてきた教訓である。

お前一人でもいい。生き延びて、命のきずなを絶やすな。
極めて根源的な命の叫び。
津波の地、三陸に伝わる教訓である。

数千年間、いや数万年間も子孫へ伝えられた津波の伝承、高地移転も繰り返されてきたが、それでも悲劇は繰り返す。
悲しい人間の性、自然の前には無力な人間。
超人的存在を感じずには居られない。
このことを「神の仕業」、あるいは「試練」というのであろうか。
——–
岩手県の作家山下文男氏は「津波てんでんこ」という本を出されています。

地震が起こってから津波が襲ってくるまでしばらく時間があるというのは誤りです。
震源地が近い場合は、地震の振動と津波があまり差が開かないうちに到着するので、地震を感じてから津波がやってくるまで、ほとんど時間がありません。
津波は数分でやってくることになります。

今回の津波で壊滅的被害を受けた陸前高田。

写真は平和な頃の陸前高田の港です。

これもそのかたのブログに載っていたんですが、
陸前高田の電柱にはこんな印がついていたそうです。
(以下、再び転載)
——–
「昭和8年チリ地震津波」の記憶を記した標識が巻きつけられている。
町の至る所の電柱にこの標識が見られる。いや、あったのだ。
その場所その場所での津波の高さを記録して。
——–

これを町の人はみんな毎日のように目にしていたはずなのに…
先人が自分たちの惨い教訓で得た智恵を伝えたはずなのに…

【咽喉もと過ぎれば熱さを忘れる】

それはめったに起こらない今回のような大災害についてだけではなくて、
もっと頻繁にやってしまいがちな日常の中にもあります。

「よし!絶対やるぞ!」と決意した日の前のめりな気持ち。
逆に「もう絶対にこれはやめよう!」と思ったミスへの反省。
「ありがとう!」と心から誰かに感謝したこと。

サッサと忘れたほうがいいことも人生にはたくさんありますが、
忘れてはならないこともたくさんあると、改めて腹で感じました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。