投稿者 alldays-vacation | 2011年4月20日

若いときからB12を摂ろう

今は日本の基準がいろんな意味で再検討されています。

先日からよく書いているビタミンB12の摂取量もそのひとつです。

若い頃からB12を摂り続けることがいかに重要かが、最近わかってきました。

ある医学博士のブログを紹介します↓
——–
多くの中高年は萎縮性胃炎などで胃酸分泌量が低下し、食品中に含まれるたんぱく質と結合したビタミンB12 の吸収率が減少する。
とくに高齢者では、加齢による体内ビタミンB12 貯蔵量の減少に加え、食品たんぱく質に結合したビタミンB12 の吸収不良によるビタミンB12の栄養状態の低下と神経障害の関連が報告されている。
ビタミンB12 欠乏状態の高齢者に遊離型ビタミンB12 強化食品やビタミンB12 を含むサプリメントを数か月間摂取させるとビタミンB12 の栄養状態が改善されることが報告されている。
最近、ビタミンB12 の栄養状態を示す各種バイオマーカーが適正となり、血清ビタミンB12 濃度が飽和するには6~10 μg/日のビタミンB12 の摂取が必要であることが報告された。
加齢に伴う体内ビタミンB12 貯蔵量の減少に備えるためには、若年成人からビタミンB12 を6~10 μg/日程度摂取することで体内ビタミンB12 貯蔵量を増大させ、高濃度に維持させておくことが必要である。
——–
学術的で難しい文章です…(*_*)

簡単に言えば、

1)加齢とともにB12は吸収しにくくなり、脳や神経に障害が出る可能性が高い。

2)なので、若い時から意識して毎日摂る必要がある。

ということです。

しかし、前にも紹介したようにB12を多く含む食品は、貝類、レバー、海草など。
なので、そんなに毎日たくさん食べられるものではありません。

この博士は1日6~10 μg摂取するように言ってますが、
FDA(アメリカ食品医薬品局 )の推奨量は1日3000μgです。

Xスは1本あたりB12が370μgですから、この数字に従うと、1日8本飲んでもOKということに!
まあ、そんなには飲めませんけど、脳と神経のためにも、上手に利用してください( ̄▽ ̄;)ノ

一昨日はリーコちゃんにお水&セカマケ。
昨日はゴスペルでした☆

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。