投稿者 alldays-vacation | 2011年5月12日

大量に取るほど効果を発揮?!

Xス飲んでたら車の運転がさえる!気がする@@;

ビタミンB12の必要所要量は、厚生労働省によると、成人で1日2.4マイクログラムとされています。
これは悪性貧血を起こさないための最低量で、少し余裕をみて、必要量を1日5マイクログラムとする説もあります。

これらは「欠乏症を防ぐ」為の摂取量ですが、FDA(アメリカ食品医薬品局)は、全く違う観点から、1日3000マイクログラムのビタミンB12を取るように提唱しています。
なんと厚生労働省の所要量の1250倍!

厚生労働省の所要量は「なんとか生きていける量」です。
FDAの推奨量は脳神経系への積極的な作用を期待するための量です。
これだけ多量のビタミンB12は、食品からは到底取れません。

以下、あるお医者さんのサイトより↓
——–
水溶性ビタミンであるビタミンB12を大量に取っても、体内で働かずに排泄されるのではないかという見方もありますが、それは違います。
ビタミンB12は、最終的には尿中に排泄されますが、それまでの間に体内でさまざまな働きをします。
ビタミンB12の場合、とくに1000マイクログラム以上の大量を取ると、一種の押し込み効果(ある成分を大量に取る事により、吸収率が増す効果)により、吸収、利用率が高まります。

脳を活性化する成分として、近頃ではダイズなどに含まれるPS(ホスファチジルセリン)というものが話題になっていますが、ビタミンB12には、脳内でPSを作る働きもあることがわかっています。

超高齢社会を目前にしたいま、元気でイキイキと年を重ねる為に、ビタミンB12に注目していただきたいと思います。
——–

昨日はユッキー宅ミーティング。
はじめて会うちほちゃんのお友だちが来てました☆

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。