投稿者 alldays-vacation | 2011年5月21日

マヨラーがうなるマヨネーズ

昨日のYMOの軽食はマヨネーズ寿司でした。

マヨネーズ寿司のレシピを紹介します。
タカモリさんの本からいただきました↓

【材料】
材料A(米4カップ、砂糖100g、米酢75cc、塩小1、浄水650cc)
卵2、きゅうり2、にんじん1、ちくわ2本、ツナ缶1、ちりめんじゃこ100g、マヨネーズ1/2カップ、きざみ海苔適量。

【準備】
米を洗ってざるに打ち上げておく。

【作り方】
1)大ソースパンにAと、卵を殻のまま入れて炊く。
 マニュアルモードで、沸騰してカタカタ音をたてるまでは強火(7)
 その後ほたる火(2)で15分タイマー。
 火をとめて10分蒸らす。
 その後、卵をとりだして、冷水につけてから殻をむく。

2)ご飯が炊ける間にしておくこと。
 ツナ缶を開けて油をきっておく。
 フードプロセッサーでにんじんを細切り(長さは3cmくらい)しておく。
 きゅうりはたて半分に切ってフードプロセッサーで薄切り(これで半月切りになる)しておく。
 ちくわを半月切りにしておく。

3)ご飯が炊けたら粗熱をとって、2)の具とちりめんじゃこを入れ、マヨネーズで混ぜ合わせる。

4)ご飯と一緒に炊いた卵は、粗みじんに切ってきざみのりと一緒に飾る。

作ってくれた奥さんが言うには、マヨネーズを混ぜ合わせる時に、普通のマヨネーズよりかなりさらさらと混ぜ合わせることができるとか。

でも、このマヨネーズ寿司って、実はAw製品いろいろ有るのと無いのとでは全く味も手間もかわると思います。

米酢、塩、浄水、マヨネーズがAwじゃなければ、かなり味落ちます。

クックウェア、インダクション、フープロが無ければ、かなり手間が違ってきます。
てか、炊飯器によっては寿司飯炊けなかったりします…

カンタンに毎日美味しいくて健康的なものが食べれて、生活費は変らない。

はっきり言って、Aw製品でお金がかかるとすればニュートリとスキンケアの一部の製品をふんだんに使い始めた場合のみ。
それ以外はガンガン使っても、たいして生活費は変りません。

なので快適を選択すべし(o^-‘)b

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。