投稿者 alldays-vacation | 2011年8月19日

寝るのは大切(u_u)

一昨日は超久しぶりの高校のプチ同窓会。
意外とみんなまだまだ若いのにちょっと驚きました☆
まあ、もちろんちゃら度では俺がナンバーワンでしたけど(Ψ▽Ψ*)チャラチャラー

ただ、ひとつ気になったのは、
みんな「最近5~6時間以上寝れない、目が覚めてしまう」と言ってたこと。

寝るのって体力いるとか、若いときほど寝れなくなるとか聞きますよね。

でも、俺は月に2~3回は12時間くらい寝ます。

何が違うのかなぁと考えて、思いつくのは空気。

空気が綺麗=粉塵濃度が低い(ホコリが少ない)ところで寝るとよく眠れると思うんです。

昨日はオフィスで月1のMTGでしたが、
ぐっさんが最近、空気清浄機を発注したみたいで、

「空気清浄機来てから、びっくりするくらい寝すぎて、会社に遅刻しそうになるんですよ~」
って言ってました( ̄▽ ̄;)

寝室の空気は健康にとって特に重要です。

人間は寝てる間に、
免疫力を上げたり、
脳を休息させて記憶を定着させたり、
筋肉や内臓や肌などの組織を補修します。

寝てる間の空気が汚い=粉塵濃度が高い(ホコリが多い)とそれらが疎かになりがちです。
それが睡眠の質が悪いということです。

国は粉塵濃度の安全基準を0.15mg/㎥未満と定めています。
しめきった部屋ではこれを上回ります。

風邪をひきやすい人、ひいたら治りにくい人、
肌の調子がよくない人、
記憶力が悪くなってきたと感じる人、
寝ても疲れがとれない人などなど。

まずは寝室の空気を変えてみてはどうでしょう?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。