投稿者 alldays-vacation | 2011年10月11日

甦れ!ミトコンちゃん(^3^)/

今年も【世界大学ランキング】が発表される季節になりました☆

英教育専門誌の「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」によるランキングです。
http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2011-2012/top-400.html

8年連続首位だった米「ハーバード大」に代わり、米「カリフォルニア工科大」が首位の座を獲得しました。
アジアでの最高位は東京大で30位でした。
このランキングは欧米中心だとか白人主義だとかいう声もありますが、そういう声をあげてる人のほうがたいてい主観的で感情的だったりします^^;

この【世界大学ランキング】に入ってる大学の中には、Awと関係深い大学が何校もあります。

スタンフォード大(ハーバードにならんで2位)には、AwのサプリメントブランドNutriライトの創立者の名前を冠した教授職位が設けられているほどです。

日本に派遣される社長の多くはハーバード大(2位)やオックスフォード大(3位)出のエリートです。

京都大(52位)の経済学部では、Amazon、DELLとともにAwのことが教えられています。

Awの地元ミシガン大(18位)は強力なパートナーで、レチノールをスキンケアに活用する技術を発明した大学です。
この技術の独占契約により発売されたのが、「ハリのプロ」インナーエッ○ンスなんです。

皮膚科学では世界最高峰と言われるイェール大(11位)はAwのスキンケアブランドArtistリーと固い共同研究関係を結んでいます。

その他にもシカゴ大(9位)北京大(49位)ペンシルベニア大(16位)オタワ大(185位)東北大(132位)などなど…

Artistリーだけで世界14ヶ国のいろんな大学と共同研究のパートナー関係を結んでいます。

一昔前のスキンケアは表皮や真皮に加齢とともに失われていく成分、たとえばセラミドやコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸を与えることにとどまっていました。
その頃は、小さな資本力=低い研究開発力しか持たないメーカーでも、いい原材料を調達できるルートを持っていれば、当時の「最先端」のスキンケアを作ることができました。

でも今は、細胞レベルの研究、つまりDNAやミトコンドリアに関係する研究が進み、スキンケアの競争レベルははるかに高くなりました。
なので、大きな資本力を持ち、TOPレベルの皮膚科学者をたくさん雇い(500人)、最先端の研究開発施設を所有する(世界で90ヶ所)。
そんなメーカーしかついていけない時代になったのです。

そういう研究が活かされたスキンケアを使っている人たちの肌は、本当に若いです。
あいかわらず「自然天然」なんていうフレーズだけで売ろうとしているスキンケアとは全く次元が違うエイジングケアができているからです。

ミトコンドリアは細胞の活力を作る源です。

そこに着目したクリームがク○ームLXです。

冬に向かう直前の今の季節にぜひ使ってみてください☆

一昨日はお昼前から心斎橋Awプラザすぐ近くにあるナカムラDiaのオフィスにゲスト。
おしゃれなオフィスでした☆

その後、ハワイ帰りのユッキー宅でマリリンGのタレント主婦のヒトミさんにマケ&サイン♪

夜は京都でカネやんグループのリーダーの人たちと100万年ぶりの有意義な会議でした。

昨日はマリリンGのWebデザイナーのレイコちゃんに自宅でマケ。

その後、ウルトラのイベントに一緒にいきました。

マリリンとアヤピッチのSP表彰嬉しかったです☆

ユッキーとこハワイ行って帰ってきてる間にグループ5人増えてます!凄いヾ(^▽^)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。