投稿者 alldays-vacation | 2011年11月26日

疲れがとれないホントの理由(-o-;)

ヨッシーSapのグループにイケメン建築士のニシハタDDがいます。
その彼がたぶんまだ%の時に書いた過去の日記を今さらながら紹介させていただきます↓

——–

睡眠の主な目的はふたつあって、
ひとつは「脳の回復」
もうひとつが「細胞の修復」です。

細胞つまり、内臓もお肌も抵抗力も免疫力も、寝てるときに修復&回復してるそうです。
特に大切なのは「睡眠中の空気」
美容を気にしてる人は特に、どれだけスキンケアやエステにお金かけても、睡眠中の空気が綺麗でないと細胞レベルで美しくはなりません!

ちなみに、
朝、歯磨きしたときに『おえぇぇぇぇーーーーーーーーー↓』ってなるのは、
内臓が回復してないそうですよ…( ̄◇ ̄*)

森にキャンプ行くと、朝ずばっと目覚めるのは、空気がきれいだからだと言われます。
んで、朝に深呼吸。
人って無意識にキレイな空気のとこでは深呼吸するそうです。
逆に、排気ガスの部屋で寝たら、寿命ちぢまるのは理屈でなくわかるでしょ?

寝ても朝に疲れがとれてない気がする人は、
睡眠中の空気を一度考えてみてはどうでしょうか?

——–

ニシハタくんは建築士なので、専門知識があります。
サッシの普及から住宅の密室性が高まり、部屋の中の空気は思う以上に汚れています。

「室内の空気を24時間一定量の空気を 入れ替え続ける設備の設置義務が建築基準法にも施行され、私たち建築士も、申請には必ず シックハウス対策の換気設備や換気計画図を作成し対応している訳です」

なんだって@@!
やっぱり国も住居内の空気の重要性はわかってるんですね。

さらに…

「この法律の義務化によって、化学物質の揮発による シックハウス症候群こそ少なくなりましたが アレルギー体質の子供は増える一方」
「そもそも機械換気程度の対策で 室内のホコリやダニ・カビがなくなるわけありません」

体質改善にも美容にも疲労回復にも細胞修復にも、睡眠中の空気の質はとても大切です。
ホコリや細菌がたくさん飛び回っている空気を吸いながら寝ても、体はそれらと戦わないといけないので、休めません。
本来の修復の仕事ができないわけですね。

寝ても寝ても疲れがとれない人は、寝てる間にちゃんと体が休めてないんです。

法律で定められた必要な換気量は0.5回/1h以上で、
最低2時間に1回は部屋の空気を全部いれかえる必要があるそうです。

さらに、建築士としてのマメ知識が書かれてました↓

「タタミとかちゃんと天日干してますか?? 今のタタミは、オモテだけイグサで 中身はスタイロや発砲ウレタンが使用されている商品が多いです」
「それでも3ヶ月に一回、半年に一回ペースでちゃんとしてないと タタミがダニの巣になってます」

タタミの部屋で寝るのって怖いですね(*_*)

昨日は昼からユタカFDDとそのグループのリーダー達と紅葉ハンティング☆

八大神社、詩仙堂、園光寺、萬寿院とまわりました。

癒された~♪
東京もいいけどやっぱり京都こそ真の都ですね~(´∀`)

夜はそのユタカをゲストに迎えてのYMOホームミーティング。

感動した~
ユタカのグループが暖かいわけが改めてわかりました。

今日は新しいメンバーのリンゴちゃんにスキンケアメイクです☆彡

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。