投稿者 alldays-vacation | 2012年2月27日

眠る前にオールデイタイプ

一昨日のホームMTGで、
科学者U-Taroが解説してくれたこと、

なぜC(オールデイタイプ)を寝る前に摂ったほうがいいか?

ビタミンCは活性酸素の処理において、「万能ビタミン」と呼ばれています。
何が万能なのかというと、

私達が生きていく上でどうしても発生してしまう活性酸素。
ご存知のように酸化→老化と大きく関わっています。

でも、私達の体には、その活性酸素を分解処理していく機能が備わっています。
活性酸素を分解処理していく段階はおおきくわけて3段階。

難しい説明は除きますが、その3段階全てにビタミンCが必要なんです。
βカロチン(ビタミンA)やビタミンEも必要なんですが、全ての段階で必要なのはビタミンCだけ。
そういう意味でビタミンCは「万能ビタミン」と呼ばれているんです。

つまりビタミンCが無ければ、活性酸素の分解処理が滞ってしまい、
酸化=老化がすすみます。

遺伝子にいっぱい傷がついた細胞が増えてしまうということです。

Cはやっかいな面があります。
それは「水溶性で不安定」だということ。

発汗、おしっこなどですぐに体内に出てしまい、体の中にとどまっていられる時間が限られます。

起きているときはトリプル摂ったり、それ以外にも野菜果物からCを補給して、
「いつも体内にCがある状態」をキープすることが出来ます。

でも、寝ている間はどうでしょう?

トリプルを寝る前に飲んでも、そこに含まれるCは数時間で消耗します。
たとえば7時間寝るとして、トリプルのCが4時間保つとすれば、
後半3時間はCが体内に存在しない「魔の時間」となります( ̄Д ̄;)!

でもオールデイタイプのCはアセロラの繊維質がCを包んで徐々に消化吸収される処方になっているから、
8時間、体内にとどまることができます。

これが、C(オールデイタイプ)を寝る前に摂ったほうがいい理由です。

納得~(=^・^=)

ちなみにコラーゲンは夜に、ビタミンCとアミノ酸によって作られますから、
美容とアンチエイジングを追い求める人は、プロテインも一緒に摂っておけばなおGood!

金曜日はT村さん宅のパーティーに招待していただきました☆

美味しい料理と楽しい時間を、本当にありがとうございます。

その日はダイシロDD宅に泊めてもらいました。

ダイシロ宅でかい&おしゃれ♪

一宿一飯の恩義に応えるべく昼からMTG。

京都まで送ってもらって、夜はYMO。

SPセミナー帰りの勇者たち。

ホームMTGはもちろん満員でした( ̄▽ ̄;)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。