投稿者 alldays-vacation | 2012年10月23日

目ヂカラとロイヤリティ(☆o☆)

昨日から新しいアイメイクがふたつ発売されています。

ひとつはマスカラ!

Awのサイトから↓
———-
濃密なまつ毛で、ドラマチックな目もとを演出するマスカラ。
ボリューム効果は最大7倍※で、目もとをはっきりと際立たせます。
ダマになりにくく、まつ毛1本1本を太く美しくボリュームアップ。
ツヤのある濃密な印象なのに、つけている重さを感じさせない軽やかな仕上がりです。
さらに汗や皮脂ににじみにくいので、美しさが長続き。
メイクオフが簡単なお湯で落とすタイプです。
※まつ毛10カ所の直径の平均値の最大値。
<測定方法>
•デジタルマイクロスコープでまつ毛の10カ所の直径を測定し平均値を算出。
•塗布前と塗布後を測定して比較。
•塗布方法:15回塗布し、ブラシを容器に一度戻してマスカラ液を付け直してさらに15回塗布。
———-
「7倍※」の測定方法がすごく生真面目でAwぽいです(笑)

もうひとつはアイライナー!

Awのサイトから↓
———-
細く美しいラインを自在に。
くっきり際立つ目もとに。
難しいと思われがちなリキッドアイライナーのイメージを変える一本。
均一でなめらかなラインが簡単に描ける、ペン部分と液体を一体化させたタイプです。
先細のペンタイプで、目の際に細く美しくラインを入れられます。
人間工学に基づいたグリップデザイン。速乾性で、にじみにくいウォーターレジスタント処方です。
———-
この製品はマキちゃんが大絶賛してたような記憶があります(´∀`)

話は変わり、ユッキー東京組のヨコちゃんがネットワーカーと話してAw伝わらないってムカついてたので、
それに対してラインで回答したのが、我ながらまあまあまとまってたので、加筆転載します。

———-

まあ、昔から星の数ほどあるネットワークビジネス(≧∇≦)

でも、最近は弱小な会社がたくさんあるって感じで、昔みたいに(たとえ一時的にせよ)勢いがあるビジネスは無いですね。

80年代後半、まさに俺がアム始めた頃のバブルStar(今思うと時代を象徴する名前)なんか、3年間で会員数120万人でしたから。
その後つぶれましたが( ^ω^ )

ネットワーカーはよく、自分のビジネスで成功してる(または成功してるように見せかけてる)人とAWの人を比べますが、
Awで全然上手くいってない人と、ネットワークビジネスで成功してる(または成功してるように見せかけてる)人を比べてもダメです。
比べるなら、Awで大成功してる人と比べるべし☆

また、ネットワーカーは平気で自分の収入をかなり誇大に言う人が多いです。
「私はまだ始めて4ヶ月ですが、今月の収入は400万円超える(予定)です」
なんて言う人が、ボロボロの原チャリに乗って、ファミレスにやってきた事もあります。

すでに26年前から、どんなネットワークビジネスも、言ってる事は煎じつめるとただひとつ。

「Awはすでにやってる人も誤解してる人も多い」
「その点うちのビジネスは、まだ新しいから活躍できる余地(フロンティア)が多い」
という理論。

まあ、その感覚自体がすでにマネーゲーム。
一時的収入になっても、ロイヤリティにはなりません。
ネットワーカーの多くは、ロイヤリティというものが簡単に作れると思いすぎています!

例えばラーメン屋をやるとしたら、
すでに店舗数も多く、実績もある「天下一品」と、
これから始まって大企業になると称する「天下三品」と、

取引相手として、どちらを選んでビジネスを始めますか?

考えるまでも無いことです。
これが、マネーゲームでない、長期的に続くビジネスのまともな考え方です。

なぜ、自分のやっているネットワークが(他の多くのネットワークビジネスと差別化されて)ロイヤリティビジネスになると言えるのでしょうか?

その根拠は何@@?
今まで納得できる根拠を聴いたことがありません。

私がAwビジネスをスタートしたのは、26年前に、すでにその根拠を感じる企業だったからです。

例えば、プランが全く同じでも、
取引する企業が違うと全く違う結果になるのは当たり前のことです。

しかも多くが、プランも、よく聞くとかなり未完成です。

まず、Awのような無条件の返品保証がついてません!
これは難しい「計算方法の違い」とかよりも決定的な違いのひとつです。

稚拙なプランにも関わらず、プランがどう優れてるとか話したがる人も多いですが、計算方法なんて、フェアでシンプルであるほうがいいに決まってます。

難しそうな経済や自己啓発の話を経営コンサルタントみたいに得意になって話す人も多いです。

嫌われるでヾ(–;)

アタマだけデカくて、中身が無い人が多いと思います。
ひとことで言うと、あまりにも浅はかで、物事を判断するセンスが悪い。

その企業の資本金、財務表、グローバル売上、取得特許の数、発表してる学術論文の数、本社や工場や研究施設の住所をもとにGoogleの世界地図で実際に規模を確かめに行くとか。
それくらい調べただけで、Awと比較するのは100年早い企業であることがわかるでしょう。

ロイヤリティビジネスになるかどうかは、ビジネスをしていない消費者が、どれだけの人数、どれくらいの期間、そのブランドを信頼し愛用し続けているかの数で決まります。

そしてその信頼は製品のクオリティはもちろんですが、創業時のドラマや理念、その後の歴史まで関係します。

ロイヤリティビジネスになっているブランドには、常に一貫した主張がある事が多いです。
シャネル、ルイヴィトン、エルメス、メルセデス、阪神タイガース(笑)

ネットワーカーの多くは消費者をなめてます。
消費者は一時的に騙される事はありますが、騙され続けるほどバカではありません。
市場原理はそんなに甘く無いです。

形だけAwに似せたマネーゲームが、ロイヤリティになるほど、自由競争の世界は甘くはありません。

もちろんAwも、
「ペラペラっと小器用に儲けたろ!」
「俺だけみんなと違う道で、要領よく楽して儲けたろ!」
みたいな心構えで、ロイヤリティが作れるほど甘くはありませんd(^_^o)

ホントに一生安定して入り続ける収入作ろうと思うなら、10年はマジメにやる腹をくくって下さい☆

私が思う10年続けるコツは、

何より、AWと製品が大好きになること。
目的地と、それを数値化した目標を持つこと。
ミーティングに行き続けること。
主食になる人を見つけること。
まわりの人の役にたとうとすること。
遊びのように、楽しんで動くこと。

です(・∀・)v

———-
一昨日はウルトラ。
クララちゃんSP表彰おめでとう☆

キングがNewCarのアウディA6 SLineに乗ってきてました。
カッコイイ♪

自分のグループの人が豊かになっていくことはメッチャ嬉しいです(*゚▽゚*)
自分のやってきたことに誇りをもてる瞬間です。

昨日はサーちゃんスカウトのチエちゃんにマケ。
ええ感じで話しやすい人でした。
ぜひ楽しんで見ていってねー♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。