投稿者 alldays-vacation | 2013年9月6日

もう一つの美容液☆

サテ○ークのヘアケアが11月に15年ぶりにリニューアルされます!

satinique_2013_main

そこで今日は、シャンプー、トリートメント、リンスとは、何のためにするのか?

という基本的な事をおさらいします。

まず、シャンプー。

シャンプーは昔は「髪を洗う」というイメージでしたが、最近は「頭皮を洗う」事の大切さが広く知られるようになりました。

次にトリートメント。

トリートメントは、髪の内部に、いわば栄養を補給する的な効果を期待するものです(薬事法的に微妙な言い回し)

そして、リンス。

リンスは、髪の表面をうっすらコートして内部に栄養を閉じ込める的な効果を期待するものです。

髪はよく「鉄火巻き」に例えられます。

髪の構造

マグロにあたる毛髄質(メデュラ)が芯としてあって、

米にあたるのが毛皮質(コルテックス)で、ここを補充するのがトリートメント。

海苔にあたるのが、毛表皮(キューティクル)で、ここを補修するのがリンスという事です。

なので、シャンプー→トリートメント→リンスの順番で使うわけです。

でも、本当はもう一つ、この後に加わるべきものがあるんです。

それは何かと言えば、

頭皮(スカルプ)の美容液です。

「スカルプ」という言葉が一般化してどれくらい経つでしょう。

上の、シャンプーの定義が、

髪を洗う。から、

頭皮を洗う。に、変わったのも、

スカルプケア=頭皮のケアの重要性が知られるようになったからです。

つまりそれは、

今の髪を大切にする。から、

これから生えてくる髪も大切にする。という考え方に変化したという事です。

しかも頭皮は、これから生えてくる髪の土台というだけでなく、顔と地続きの皮膚ですから、そこの老化はそのまま顔の皮膚に表れます。

そんな大切な頭皮を、洗いっぱなしで置いとくのは、よく考えればおかしな事です。

顔なら、洗顔して、洗いっぱなしで置いときますか?

化粧水や美容液で、必ず保湿をするはずです。

なので、頭皮もたまには、ワンシーズンに一度くらいは、美容液を与えましょー(^-^)/

スカルプりかちゃん

スカル○セラムを与えて、よくマッサージした頭皮は、みずみずしく柔らかさを取り戻すはずです。

髪が、夏の陽射しで乾燥し、ダメージを受けた後のこの時季。

新しく出るシリーズを使う下準備としてもオススメです( ´ ▽ ` )ノ

一昨日はジュンちゃんがマケしたキヌくんにano後20代ミーティングにみんなの顔だけ観に行き、その後ユキオたちと深夜まで飲み会。

20代はかなり遅れて中に入りませんでしたが、日本最速のあの人がゲスト!

20130904

23歳で1年半でダイヤって、どんな30歳になるんでしょう@@!スゴスギル

なんか最近のAWは、私たちが始めたときに戻ったというか、すごい若者が続々登場しています(☆▽☆)

昨日は久々にヘアカラーしましたが、ラスタトーンは素人が適当に染めても、美容院で褒められるレベルの仕上がりになります。

ネコがヘアカラーしてる最中に匂いを嗅ぎに寄ってくるくらい刺激も少ないです。

でもやはり、ヘアカラー終わってからは、頭皮の事を考えると、美容液を与えて、保湿しとくことは大切ですね(^-^)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。