投稿者 alldays-vacation | 2014年1月20日

プロテインがダイエットに使えるわけ☆

昨日は起きたら雪景色でした。

京都市内でここまで積もるのは年に1回あるかどうかなんで、しばらく見とれてしまいました。

IMG_2152

昨年の11月になりますが、NEVERの記事で、「プロテインダイエット・失敗しない選びかた」というのがあって、

今回と次回は、その内容をなぞりながら、プロテインとダイエットについて書きます。

「プロテイン」の語源って知ってますか?

ギリシャ語で「第一の」という意味だそうです。

つまり、プロテイン(タンパク質)は、栄養素の中でも、まず第一に摂らなければならない栄養素なんです。

ではなぜ、そのプロテインでダイエット=痩せることができるのでしょうか?

プロテイン自体が痩せる効果を持っているわけではありません。

筋肉量があがること(またはしっかりキープすること)で、基礎代謝があがり(またはキープし)、ダイエットにつながる(または体型維持につながる)のです。

その筋肉の「材料」となるプロテインをしっかり摂っているかどうかが大切なわけです。

なので、モデルさんなど体型キープが必須の職業の人は、毎日プロテインを摂っています。

そういう人は、水も必ず毎日2L飲んでます。

これも「代謝を上げる(またはキープする)」ためです。

プロテイン(タンパク質)は、もちろん筋肉だけでなく、ありとあらゆる体の器官や体液やホルモンの材料で、重要なことこの上ない栄養素ですが、ここではダイエットということにしぼってお話します。

honekenko

プロテインは何から摂ろうとタンパク質であることに変わりはありません。

でも実際に、私たちが口に入れるプロテインは、大きく2種類にわけられます。

「動物性プロテイン」動物性タンパク質を主原料に作られている。

「植物性プロテイン」植物性タンパク質を主原料に作られている。

動物性タンパク質は、肉、卵、乳製品など、

植物性タンパク質は、大豆をはじめとする豆類です。

自分の摂ろうとするプロテインと、自分の毎日の生活パターンがあっているかどうか?

これをまず把握してからプロテインを選ばないと、ダイエットには逆効果になります。

では、ダイエット(または体型維持)のためにプロテインを利用するとすれば、どんなプロテインを選べばいいんでしょうか?

次回は、その選びかたの基準について書く予定です。

予定なんで、変わる場合もあります(笑)

IMG_2060

金曜はホリエに踏み踏みマッサージしてもらった後、タッチン会。

一昨日はマミコGの女子にANO。

昨日はタッチンスカウトのサキちゃんにマケでした。

会計年度前半もあと1ヶ月少しで終了。

ここからがガムばり時です(=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。