投稿者 alldays-vacation | 2015年4月2日

7月4日に生まれて☆

今日は号外的にNewDDのタッチンについて書きたいと思います。

201409FDIA02

タッチンの系列は、私にとっては元々は5系列目にあたる系列。

現在のMAPでは7段先にタッチンがいますが、私にとって、この系列は「いわく付き」とも言える系列です。

なので私がタッチンを語る時には「タッチン登場以前」の長い物語を語ることになってしまいます。

タッチンがDDになってくれて、ようやく言えるようになりましたが、実はこの系列では過去にダイヤモンドが出ています。

詳しい事は書きませんが、いろいろと不幸な出来事があり、その人は今はいません。

彼のことを「H」としておきます。

一時期はその才能を、とても期待していたHが消えてから、この系列は私にとっては「執念」ともいえる系列になりました。

ワンマンヒーローによって成り立っていたグループは、意外と脆いものです。

Hがいなくなってから、数年間はFDD状態を維持していましたが、それがだんだん怪しくなってきて、

「このまま何年か経てば1会計年度6回もコリファイできない状態になるのでは…」と思い始めた私は、

今まであまり会ったことのなかったHのグループのいろんな人に連絡を取り、会う事を始めました。

滋賀や大阪のいろんな場所で、20人以上の人たちと会って「もう一度Awをやろう」という事を何度も説きました。

それを数年間続けました。

その中でようやく唯一、呼びかけに応えて動き始めてくれたのがカキーです。

カキーがリィコちゃんという元気なナース女子にリレーして、

その先でタッチンが登録したのは、2011年7月4日。

ちょうどアメリカ合衆国の独立記念日でした。

20110826ymo

山形出身の当時26歳のタッチンは、素朴でちょっとかっこいい好青年という感じでした。

オムロンの社員で、基本仕事帰りのスーツで、いわゆる地方の国立大を出たエリートサラリーマンといった空気でした。

サインはしたものの、しばらくは猜疑心に満ちた目で、Awを見ていたようです。

20111105前オフィスにて

関西のええ加減な空気をまとった私やカキーを見て、信用できなかったんだと思います。

東北の、おそらく堅実な家庭環境で育ったタッチンの目から見れば、関西人の半分くらいはかなり信用ならない人に見えたんではないでしょうか?

特に私やカキーは「ちゃらちゃらしたオッサン」ですから、よけいにそう見えたでしょう。

Aw界は、ちゃらちゃらしたオッサン率は高いですから(笑)

転機になってくれたのはアヤビチが自宅で開催した食事会でした。

アヤビチはロンドンやオックスフォードに留学していた帰国子女ですから、彼女のような、ちゃらちゃらしてないインテリジェンスな女子が、Aw製品を熱く語るのを見て、

「Awって本当にいい製品を作ってる信用できる会社なんだな」と感じたそうです。

20120121

で、山形に帰省して、親にも伝えたところ、猛烈な反対に会いました。

「あなたをそんな事をさせるために育ててきたわけじゃない」

と、何を言ってもとりあってくれなかったそうです。

20120115

でも、タッチンはその意見に影響されることはありませんでした。

親よりも、Awの仲間を信じることを選んだのです。

20110923after01

いつもミーティングに来るようになり、コミュニティの暖かさや楽しさを知り、常連になっていきました。

20110923after02

2011年のヒロイチのダイヤ達成ラリーを見て、さらにもう一段このビジネスの意味がわかりました。

2011忘年会

カキー宅でやった2011年のクリスマスパーティー。

2011クリスマス会

明けて、お花見の頃には、何人かグループを連れてくるようになっていました。

2012花見

そして2012年の7月についにSPを達成☆

201205クラブイベント

3連続ではありませんでしたが、

201206ダイシロビーチBBQ

10月にはGPを達成しました。

201208アズマッツDDBBQ02

一見、順調なペース…でもこの頃、時々うちに電話してくるようになりました。

201209ヨッシーEMEパーティー

その内容の多くがアップラインのカキーや、自分の置かれている環境に対する不満でした。

201208アズマッツDDBBQ03

当時のタッチンは、矢印が全て、「誰かのせい」になっていたように思います。

201209保津川

そんな相談が会った時、私が言うアドバイスはほぼ同じです。

「アップは環境、自分のボスでも保護者でもない。それをどう使うかは自分次第」

「上手くいったことは誰かのおかげ。上手くいかなかったことは自分のせい」

201211鉄也BDパーティー01

それから作業をいろいろ自分でやり始めました。

でも、なかなかスムーズにはいきませんでした。

201302京セラドーム

時々150万点を集めれる月はあるけど、続きませんでした。

201303長島

毎月一度、南草津のタッチン宅にMTGをしに行きました。

そのうち、アップのカキーやリィコちゃんがあまりミーティングに来なくなりました。

201309LANDSAward

その間に、兄弟系列のユータロはFDDになり、サファイヤになり、エメラルドになり…

201311奈良

タッチンも人間ですから「なぜ俺は」と考えなかったわけじゃないでしょう。

不満や愚痴を言うことはなくなりましたが、いつもなんとなく自信が無い表情でした。

2013ハロウィン01

どことなく寂しそうな顔に見えました。

その時期を支えてくれたのが、アヤビチをはじめとするイバG、そして神戸のアズマッツGの兄弟系列のコミュニティでした。

2013ハロウィン02

滋賀、京都、神戸と離れているにも関わらず、一緒に食事会や誕生日会を開いていて、その写真がしょっちゅうラインにアップされていました。

エミヤンを筆頭に、タッチンのグループも一緒に楽しそうにしている姿。

201312クリスマス

「この人たちがいてくれる以上、あきらめるわけにはいかない」

タッチンはそう思っていたに違いありません。

201405タロバー

そして、Awの神様はそうやって続けている人を、けっして見捨てはしません。

201405天橋立01

サキが登場し、アミが登場し、キックが登場し、グループに「タッチンをDDに」という空気が生まれ始めました。

201409LANDSAward

待望の3連続、そしてついにDD達成☆

201501新年会

最終発注日にオフィスでやったプチサプライズの用意は、不器用なサキが一生懸命、根回しをし、かっちゃんがDVDを作りました。

https://m.youtube.com/watch?v=qLkzgW9r3e4

タッチンは私が育てたDDではありません。

タッチンは「コミュニティによって育てられたDD」だと思います。

201409FDIA01

7月4日に生まれて、

何度も何度も挫折をしながら、

いろんな人の力を借りながら、

ついに成功への扉の前までやってきたタッチン。

201411仮装

けっして器用なほうでも、トークが上手いほうでも、速く結果を出してきたほうでもありません。

タッチンDD月末会

昨夜の月初MTGでもDDなのにNewGPのコーナーでハロートークしてました(笑)

タッチンDDお祝い板

月末会の後に嵐山に夜桜を観にいった時、ある一本の桜が目に留まりました。

その桜は、まわりの桜が咲き誇っている中、幹を切られ、美しいとは言えない木でした。

でも、その無残な姿からもう一度、新しい枝を出し、懸命に花を咲かせていました。

根性サクラ

誰にでも挫折はあります。

チャレンジしなければ、あきらめてしまえば挫折はありません。

でもチャレンジし続ける限り、挫折はセットです。

でも挫折こそが本当のスタートだと私は思います。

そこから新しい枝を出し、花を咲かせる…

201410関ヶ原

タッチンの系列は、私にとっては、11年前に一度、無残に切られた木です。

そこから生まれ、育ってくれたタッチン。

グループと、兄弟系列の人たちに感謝します☆

タッチンDD月末会2

そして、グループから次に続く人が出ることが、タッチンが何よりも嬉しい事だと思います。

タッチンがダイヤモンドの花を咲かせる日を、楽しみにしています!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。