投稿者 alldays-vacation | 2015年6月22日

Bは心に大切だ(* ̄▽ ̄)ノ

先月の遠足前、バスに酔う人の会話から、たまたまビタミンB群についての会話になりました。

それをそのまま載せると↓

———-

落語家イバ:車酔いやすい人は、当然アネロン(酔い止め薬)ですね

落語家イバ:ウエハラさん情報ですが、ビタミンBをたくさんとると酔いにくいなるとの事。
(アネロンに加えて)QプラやBプラも、さらに飲むと完璧ちゃいますかー(笑)

母ユッキー:わたしブランコでも酔うくらい三半規管が弱かったのに、Xスが発売されてからほとんど酔わなくなりました!!

落語家イバ:やはりBは凄い!

母ユッキー:Bたらんやったから、脳たらんやったって証明できました。

私:「B足りんは能足りん」やろ?
脳みそじゃなくて、Bが足りないと、無気力で疲れやすくて、なんかやる気が起きなくて、生産的なことに前向きになれなくて、
もっとひどくなると、うつになって、つまり本来持ってる自分のパフォーマンスが発揮できなくてスペックが落ちる。

私:能力の能のほうですよ!
あ!Blogネタにしようっと!

母ユッキー:そうなんですか!B不足するとあほになるんかと思ってたー。
おばあちゃんが言ってた音でしか知らなかったです。今知れてよかったですww

私:ちなみに昔、ペラグラ脳症というのは精神病として入院させられていましたが、
ナイアシンをはじめとするビタミンB群の不足によって起こることが突き止められ、多くの人が栄養療法のみで救われました。

私:このように、ビタミンB群は、脳、つまり人の心と密接な関係を持つ栄養素である事は確かなんで、脳足りん、も完全に間違いではありません(≧∇≦)

医師マリリン:ペラグラ!こないだ授業でおしえました!笑

医師マリリン:日光過敏、鬱、下痢が症状ですね!

薬剤師マミコ:ペラグラ懐かしい!

薬剤師マミコ:ちなみに、末梢神経障害(しびれ、痛み、力が入らない)などで、ビタミンB12の薬(メチコバール)を飲む人は、毎日1500μg服用してます。Xス 4本分ですね!

薬剤師マミコ:ちなみにのちなみに、萎縮性胃炎の人は、ビタミンを吸収しにくくなっているので、先に治したほうがよいです◎ウエハラさんも、人によって必要なBの量は違うって言ってはります。

———–

ビタミンBは「B群」とまとめられるようにたくさん種類があります。

ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種です。

これらはどれが欠けてもいけない大切な栄養素です。

少し長いですが、それぞれの働きと、不足症状を羅列します(適当に読んで下さい)↓

———-

B1…ごはんやパン、砂糖などの糖質の分解を助ける(補酵素の役目)。脳の中枢神経や手足の末梢神経を正常に保つ。精神を安定させ、成長を促進する。

不足すると…糖質が分解できず乳酸などの疲労物質がたまって疲れやすくなり、手足のしびれ、むくみ、動機、食欲不振といった脚気の初期症状がみられる。
食欲不振、吐き気、便秘などの胃腸障害、気分がふさぐ、集中力、協調性がなくなる。

———-

ビタミンB2…細胞の再生やエネルギーの代謝を促す。健康な皮膚や髪、爪をつくり、成長を促進。脂質の代謝、体内で過酸化脂質ができるのを防ぐ。糖質の代謝。

不足すると…口内炎や口角炎など目や口の粘膜に症状があらわれる。肌荒れ(脂漏性皮膚炎)、髪のトラブル。
発育障害、動脈硬化の進行により糖尿病など血液・血管系の病気になる確率が高まる。

———-

ナイアシン…糖質、脂質、タンパク質の代謝。脳神経のはたらきを助ける。血行をよくする。性ホルモンやインスリンの合成にかかわる。

不足すると…ペラグラの症状。
大量投与で血清のコレステロールや中性脂肪を下げる薬理効果があるが、糖尿病の人は糖質の処理能力を妨げる報告があるので注意。

———-

パントテン酸…脂質、糖質、タンパク質の代謝。副腎皮質ホルモンの産出を促す。ビタミンB6や葉酸とともに免疫力強化にはたらき、感染症を予防する。
善玉コレステロールを増やす。薬の副作用を軽くする(解毒作用)

不足すると…風邪やインフルエンザなど感染症にかかりやすくなる。食欲不振、胃が弱る。ストレスに弱く、疲れやすくなる。手足のしびれ。

———-

ビタミンB6…健康な皮膚や被毛を、歯をつくり、成長を促進する。自律神経を正常に保ち、免疫機能を正常に維持する(アレルギーの予防)
脂質の代謝を促進する。

不足すると…自律神経失調。アレルギー症状。神経過敏。口内炎、舌炎、脂漏性皮膚炎、湿疹、じんましんができやすい。
貧血。肝脂肪になりやすい。足がつったり、手足のしびれなどの末梢神経炎をおこす。

———-

ビタミンB12…葉酸と協力して赤血球のヘモグロビンの合成を助け、悪性貧血を防ぐ。
神経細胞内の核酸やタンパク質などを合成したり修復する。葉酸の再利用を助ける。

不足すると…神経過敏になり、無気力になり、集中力が低下する。
舌の炎症、痛み、味覚低下 貧血、だるさ、食欲不振、消化不良、下痢、手足のしびれ、運動失調。

———-

葉酸…細胞膜を正常に保ち、貧血予防に不可欠。
タンパク質と核酸の合成にはたらき、体の細胞分裂、発育を促す。
口腔内の炎症を予防する。皮膚を健康に保つ。病気に対する抵抗力を保つ。

不足すると…神経過敏、うつ状態、口内炎、貧血、胃潰瘍、動悸、息切れ。

———-

ビオチン…糖質、脂質、タンパク質の代謝。皮膚を健康に保つ。

———-

こうして見てみると、共通する主要なはたらきは、

1)エネルギーの代謝(糖質・脂質・タンパク質)

2)細胞を正常に保つ

3)神経、精神を正常に保つ

ということになると思います。

栄養素すべてに言えることですが、B群もチームとして働くので、ひとつひとつといよりも、全てのB群が足りている事が重要です。

tarzan20140407

近年、うつなど、精神的にまいってしまってる人が増えている日本。

自殺者も毎年毎年3万人以上になります。

その原因をストレスやらトラウマやら、複雑なところに求める前に、もっと単純なところ、つまり「栄養、特にB群が足りているかどうか?」を考えるべきではないかと思います。

また、その解決を精神安定剤などの薬に頼る前に、「栄養、特にB群が足りているかどうか?」を考えるべきです。

心にエナジーが必要な人が増えています。

そして、私たちにはトリプルという強い味方があります(・∀・)v

tarzan20140406

さらに気力を求める人はXスでエナジーチャージしてください☆

さて、ここ数日。

木曜はツバサオフィスを借りて、OMとANOのミーティング。

金曜はサキGカオリちゃんにANOのち、ユータロGのSP以上の折返し食事会atうちんち。

20150619

ダイヤモンドカウント中は、いわば「時代が変わる」幕末のようなパワーが要ります。

色んなことが起ってるでしょうが、全てを貴重な経験として、トライアル&エラーを繰り返してください。

達成すれば、その全部が財産になります。

がんばれ!ユータローファミリー(=゚▽゚)/

土曜はキックGノトくんにニュートリ&スキンケアとSOPの説明。

夜はサキ友人のヤスエちゃんにマケ。

日曜はカクさんのMTGにゲストに呼んでいただき、アムプラでOM。

20150621

アフターで超久しぶりのmamaroスープカレーでした。

土曜、金曜とオフィスでは食事会が開催されていた模様。

20150620

エスプレッソマシーンの試飲会も好評だったみたいですね♪

でも、この製品は、やはり、もう少し体験してから紹介しようと思います!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。