投稿者 alldays-vacation | 2015年7月26日

腸絶好調!

今日はまたまたダイエット関係で、繊維質の話!

最先端の情報を紹介する医療サイトmedエッジに載っていたのでそれを紹介させていただきます。

と言っても昨年12月の記事ですが↓

———-

「食物繊維を食べるとなぜか食欲が抑えられる」

こういう現象が知られているが、なにも食物繊維のボリュームばかりに理由があるわけではない。

(中略)

英国のインペリアル・カレッジ・ロンドンを中心とした研究グループが、消化器領域の有力誌であるガット(Gut)誌で2014年12月10日に報告したものだ。

究極のやせ薬と言うとおおげさかもしれないが、大腸の中で、腸内細菌が食物繊維を発酵させて作り出す物質で、「プロピオン酸塩」と呼ばれるものだ。

一般的に食物繊維が腸内で腸内細菌に分解されて作られるもので、実はごくありふれた自然にあるものだ。

大腸は口の側から盲腸、結腸、直腸と3つの部分に分かれており、このうち結腸の中でプロピオン酸塩は作られてくる。

短鎖脂肪酸と呼ばれるものの一種だ。

食物繊維を取ると食欲が自然と抑えられるのだが、実はこのプロピオン酸が食欲制御に重要な役割を果たしていると分かってきていた。

プロピオン酸が腸にあると、食欲を押さえ込むホルモンを腸から分泌させるのではないか。

(中略)

血糖の下がりやすさである「インスリン感受性」が低下するのも防いでいた。

———-

なるほど、そういうことだったのか( ゚◇゚)

元記事は↓
https://www.mededge.jp/b/heal/5777

繊維質は毎日意識して献立を考えないと、食事から充分な量を摂ることが難しくなっています。

1日に必要な繊維

例えば、昔のキャベツはもっと繊維質が多く、固かったんです。

つまり「千切り」するのにもっと力が要ったということです。

それでは、繊維質は多いかもしれませんが、調理しにくく、商品としては人気が出ません。

それで「品種改良」することによって軟らかくして、調理しやすく食べやすい野菜になりました。

でも、繊維質の量はグッと落ちました。

ファイバーパウダー新パッケージ2015

今は「軟食の時代」と言われ、固い食べ物が敬遠されがちな時代です。

それは、多くの人が「繊維質不足の時代」ということを意味します。

繊維質はサプリメントで補うことが必要な時代ということです。

野菜で食べたほうが値段も高くつきます!

それにしても、腸内細菌が繊維質を発酵させてできる物質が重要だったとは…

そしてそれがあると食欲を抑えるホルモンが腸が出すんですね♪

繊維質を食べるのは、たんにそのボリュームでお腹が膨れるからダイエットになるのではなくて、もっと深い理由があったというわけです。

しかもインスリン感受性を低下させるということは、糖尿尿の予防にも役立つということでは?

つまり、

「食物繊維」と「腸内細菌」はセットになると素晴らしい働きをするということです。

腸絶好調!

酸化とならんで老化の大きな原因となる糖化防止のために、

サラダから食べる、食事前にファイバーパ○ダーを水に溶かして摂るというのを実践している人は、多いと思いますが、

繊維質のパワーをより発揮するために、忘れてはならないのが「ビフィズス」を摂ることです。

毎日の食生活に「ファイバーパウダー」と「ビフィズス」を取り入れてみてください(^3^)/

さてここ数日。

水曜はユミッペGのノリピーがサインしてLM。

その後、鉄塾は満員御礼で、おさらいマケと、誰かにリレーする可能性の話をしゃべりました。

木曜は、ゆきぽん、トッキー、アベテツが来宅し、スキンケアメイクと、目に見えない損の話。

金曜は、鉄プロでニュートリと空気を話し、深夜までイバちゃん&タッチンと雑談。

20150725

土曜は、久々のユキオ氏とブラブラし、その後しずやんが来て雑談でした。

そろそろ月末!みんなガムばってください☆

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。