投稿者 alldays-vacation | 2015年8月16日

佐渡島の少年はExになった!

2015年8月15日は、私のAw史の中でも、忘れられない日になりました。

ツバサのEx達成ラリーがみやこめっせで開催されたからです。

sampleシンプルモダン

日本では、21世紀になってから、初めての20代Exの誕生です。

4000人が限界の会場に倍のチケット申し込みがあったようです。

急きょ、モニタールームを開設し、5000人の人たちが集まりました。

2015081506

そんな28歳はなかなかいません。

ツバサは18歳の時、高校を卒業し、カリスマパティシエになるためにボストンバッグひとつで、佐渡島から上阪しました。

ここで重要なのは、彼はたんに

「パティシエになりたい」とか、

「ケーキ屋さんのお店をやりたい」とかではなくて、

「パティシエとして成功する生き方を手に入れる」と決めていたことです。

パティシエになることは夢ではなくて単なる職種だし、

お店を持つことはゴールでななくて単なるスタートです。

しかし、ツバサはスタートからいきなりつまづきます。

専門学校も出ていない彼を雇ってくれる店は、なかなか見つかりませんでした。

いろんな店のドアを叩き続け、15軒目でようやく「見習い小僧」として雇ってくれる店をみつけます。

誰よりも早く出勤し、誰よりも遅くまで練習し、安月給(11万)でくたくたになるまで働き続ける日々。

その中で彼が身につけた能力は集中力でした。

先輩がコツを教えてくれるのは1回だけ、その1回でどれだけのことを吸収し、自分のものにできるか?

だから彼は今でも、人の言葉やアドバイスを、いい加減に聞いたりはしません。

そこに「自分に都合のいい解釈」をいれることもしません。

人の言葉を浅く聴く人は、すぐに「ああ、わかったわかった」と思ってしまいます。

自分は博識だ、頭がいい、と勘違いしている人は、掃いて捨てるほど存在します。

今の自分のレベルで、全てを解釈してしまうのです。

でもツバサは違います。

なぜ、その人がそのアドバイスをしているのか?

それを、より深く理解しようという姿勢で聞くのです。

3年が経った頃には、すでにその店で覚えることは無くなっていたので、フランス行きを希望し、退職届を出します。

睡眠時間を削って、週3日、居酒屋でアルバイトをし、渡仏費用の100万円を貯金していました。

しかし「1年間のお礼奉公」を命じられます。

そしてさらに1年経ち、22歳になったツバサは、晴れてフランス行きの権利を手に入れます。

フランスで働くお店と住居を紹介してくれる業者に虎の子の100万円を支払い、あと2か月後に渡仏。

そんなタイミングで、成功の神様はツバサに、Awという新たなチャンスを届けました。

それまでケーキのことしか考えてこなかった日々。

理屈としてビジネスの可能性はわかったものの、自分の将来と直接関係がある話だとは、肌では実感できなかったでしょう。

フランスに行き、帰ってきて、ホテルで働きながら、お金を溜め、借金をしてお店を開業し、どうにかして有名になり、カリスマになる。

そんなコースを考えていたと思います。

Awは、開業資金の足しにするために、もうひとつのビジネスとして取り入れるべきだ。

最初に感じた可能性は、あくまで「理屈」としての域を出ないものでした。

つまり「知った」だけで、「わかった」というレベルではなかったということです。

でも、渡仏が決まり、それまでより時間的に余裕があったので、ヒロイチに誘われるまま、いろんなMTGに行きました。

そこで、Awでいろんな生き方を実現できている成功者の実例をたくさん見ました。

Awは「入口」しか見ないうちは、本当の価値がわかりません。

「出口」は人の数だけあります。

「入口」しか見えてないうちは「私には関係ない」「私の興味があることとは違う」というような事を言います。

価値がわかるのは「出口」が見えた人だけです。

ツバサの場合、特にきっかけになったのは、私が以前借りていたオフィスで、谷口えりSDD(当時DD)のヒストリーMTGを聴いた時でした。

えりちゃんのAw観を聴いて、どこに注目すべきなのか?がわかったそうです。

ツバサ曰く、

「今やらないといけない目の前の事しか見えていなかった自分から解放された瞬間でした」

「それまで虫の目しか持てていなかった自分が、鳥の目を持てたんです」

Awで得れるものは、収入、時間、情報、価値観、発想力、表現力、人脈…

それを肌で感じれた瞬間でした。

tsubasa200912

Awが自分事として本当にわかった時は、自分の未来の可能性がわかった時です。

きっと(私もそうでしたが)眠れないほどの興奮を感じたと思います。

すぐに紹介業者に連絡し、渡仏のキャンセルを伝えました。

が、相手は商売。

「今さらそんな事言われても半分しかお金は返せませんよ」

「あなたは今までの夢をあきらめるんですか?」

パティシエ仲間にも同じようなことを言われたでしょう。

が、ツバサに躊躇はありませんでした。

渡仏を辞めただけでなく、ケーキ屋も辞め、一般の派遣社員に転職し、Awを最も活動しやすい生活パターンに変えました。

tsubasa20100601

が、最初は全く上手くいきませんでした。

最初の月、がんばってたくさんの人に会い、伝えましたが、連敗につぐ連敗!

「そういうの興味無いからええわ」という言葉のシャワーを浴び続けました。

今までケーキだけを一生懸命やってきたので、人とのコミュニケーションが苦手だったんです。

ある日、回転いすに座ってクルクル回りながら、

「僕って、人が苦手なんですよ…」とスネていたそうです(笑)

tsubasa20100801

成功の神様は、そう簡単に勝たせてはくれません。

必ず、そこには「試し」を用意します。

そこで「どんなことがあっても自分は成功するまで続けますよ」

と、行動で答え続けた人間にだけ、成功の神様はこう言うんです。

「わかったよ、お前には負けたよ、成功させてやろうじゃないか!」

ある時、兄弟系列からの一言

「アポばかりでミーティングに行く数が足りてない」

次の月、行けるだけのミーティングに全て行きました。

そしてパティシエ見習いを始めた時の気持ちに戻って、自分なりの解釈をやめ、100%素直に吸収しました。

すると、会話の引き出しが増え、だんだんグループができていきました。

スタートから10カ月でDD達成。

tsubasa20100802

達成のサプライズには私も行きました。

サプライズを予期して、そこに来てくれた人たち全員に「願いがかなうミサンガ」を用意して持って来ていたのには驚かされました。

tsubasa20100803

そんな心遣いができる若者(当時23歳?)はなかなかいません。

その時「ツバサは絶対に20代でダイヤモンドになる」と確信しました。

その年のランドサットアワードでは大勢の一人としてのDDパレード表彰。

tsubasa20100901

でも1年後のランドサットでは24歳のエメラルドとして表彰されていました。

tsubasa20110901

ツバサは幼い頃にご両親が離婚されていて、

アップラインのヒロイチのことを「自分の中にあった父親の穴を埋めてくれた人」といつも話しています。

そのヒロイチのダイヤモンドサプライズでの嬉しそうな笑顔。

tsubasa20110802

スタートから2年で、同時にエメラルドを達成したコマッツとの合同エメラルド達成パーティーには、凄い人数が集まりました。

tsubasa20110801

ヒロイチのダイヤモンド達成ラリーでの涙のスピーチ。

tsubasa20110902

そこには尊敬するヒロイチに「感謝を結果で返せた」嬉しさがあふれ出ていました。

初めて参加したLS招待旅行。

tsubasa20111201

ヒロイチの招待で一緒に行ったバリ島。

tsubasa20120501

ダイヤモンドカウント中のLSシンガポール。

tsubasa20130201

そしてスタートから4年、26歳でダイヤモンド達成は、私のグループで最も若い記録更新でした。

tsubasa20130901

それからのツバサはまさにスター街道まっしぐら。

レシピ本も売れに売れガッポガッポ(笑)

ローマ~地中海の初ダイヤモンドフォーラム。

tsubasa20131201

昨年のLSラスベガスも、もちろん一緒に行きました。

tsubasa20141201

すでにExのカウント中でした。

tsubasa20141202

今年の初めのウルトラ新年会。

tsubasa20150101

2月にはボラカイ島のリゾートで乾杯☆

tsubasa20150203

そして大阪市内中心部に念願のカフェもオープンしました。

18歳の時、

「パティシエとして成功する生き方を手に入れる」という夢を抱いて上阪した少年の夢は、見事にかなったのです。

それも想像を超えた成功でした☆

完全予約制のカフェは連日予約でいっぱいだそうです。

ツバサのレシピ本を多くの人が買い求め、ツバサのカフェに行きたくてもまだ行けてない人が大勢います。

tsubasaEx01

見事に自分の人生を自分でプロデュースしたツバサ。

まだ28歳…

今後、さらに大きく羽ばたいて、日本Awを代表するリーダーになっていくことはすでに決まっています。

2015081501

5000人の人々と、150人を超えるダイヤモンド以上が集まったEx達成ラリーなんて前代未聞です。

2015081507

DD達成時には100%女子だったツバサのグループも、今では男女バランスのいいグループになっています。

2015081508

ゆきみNewエメラルドをはじめ、系列代表リーダーのハロートークも、しっかりしていて、

ツバサの、愛のある厳しさを感じました。

2015081502

ツバサがExになっただけでなく、7系列の仲間がファウンダーズ以上になり、LSで乾杯できるのは凄い事です!

2015081503

ヒロイチと系列リーダーと一緒に、ラリーのVTR撮影のために佐渡島に里帰りしたツバサ。

まさに「THE日本の田舎」という風景の中で、みんながとてもいい笑顔をしていました。

tsubasaEx02

すでに彼の中にあるのは来会計のダブルダイヤ達成と、その先のCAの達成。

それがハッキリと感じれた、素晴らしい達成ラリーでした☆

2015081505

おめでとうツバサ☆自分のグループからツバサグループが現れてくれたことに感謝し、誇りに思います。

そして老後はよろしく(=゚ω゚)ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。