投稿者 alldays-vacation | 2016年1月9日

若いから大丈夫は錯覚da!その1

まずはヤフービューティーの記事を転載↓

———-

肌の老化は20歳を境にすでに始まっています。

「まだ若いから大丈夫!」といって油断していると、気づいたときにはシミやシワができていた…なんてことも。

肌のエイジングケアになによりも効果的なのは、若い頃からのアンチエイジング対策。

もはやエイジングケアは、20歳を過ぎたくらいから始めるのが常識になっています。

———-

ということで、今日から3回にわたり、「若い頃から気を付けるべき」エイジングケアを、スキンケアを中心に書きたいと思います。

Awの「ベテランディストリビューター」の中には、実年齢に比べてかなり肌が若い人がたくさんいます。

かく言う私も、よく驚いてもらえます(笑)

でも実はAwを始める前、25歳まではアトピーで、肌は同年齢の中では老けていたほうだったんです。

それがなぜ、今は「若い」と言ってもらえるのか?

その大きな理由が、老けてからスキンケアをし始めたわけではなくて、若い頃から毎日続けてきたおかげだと思うんです。

だからあえて「ベテランディストリビューター」というふうに書きました。

ハイドラアクア発売

40歳になってからAwを始めた人も、始める前よりはかなり垢抜けるし、50歳になった時に比べたら、差が出るとは思います。

でもやはり、20代からArtistyをずっと使い続けてきた人ほどの「美肌ぶり」はなかなか難しいのでは?

ふたたびヤフーの記事から転載↓

———-

■1.エイジングが進みやすいところは?

顔のパーツの中で、特にエイジングが進みやすいのが目の周り、口の回り、あごの下です。

みなさんチェックしてみてください。

今までなかったはずの目尻のしわや、ほうれい線、体重は同じなのに、以前よりあごの下がだぶついていませんか?

とりわけ目元や口元は、他の部分よりも皮膚が薄いため、お手入れをしていないとシワができやすいのです。

そのまま放置しておくとどんどん深く刻まれ、気づいた時には、なかなか解消することのできない頑固なシワになってしまうのです。

———-

もちろん人間である以上、いくらしっかりArtistyを使って、しっかりスキンケアをしていても、老けないことはありません。

でも、エイジングケアをしっかりしていれば、それを最小限にとどめることができることも事実です。

そういう意味で上記の、「老け」のサインが出やすいところを自分でチェックしてみてください。

では、なぜ肌は老けるのか?

それは次回に(*^^)/

さてここ数日。

水曜からCAに招待していただき、ハイアット箱根へ。

2016010601

私のグループからは、ヒロイチnewF.Ex、ツバサnewEx、関けいこEx、私たち、ユータロnewDIA、なかたゆきnewEME、ゆきみnewEME、コマッツ夫妻Exカウント中の10人が招待していただきました。

美味しいご飯と、ロッジ風の素敵なホテル、気を使わない人たちとの楽しい会話を堪能できました。

2016010602

木曜はユータロが最近知り合ったお医者さんオススメの「ラリック美術館」に立ち寄りました。

ルネ・ラリックはアールヌーボー時代、アールデコ時代の両方を活躍した創作家で、特にフラワーベースが当時のパリやニューヨークの空気が感じれて素敵でした。

20160107

久々に二日間で10時間運転して疲れましたが、こんな楽しい時間を企画していただいたCA夫妻に大感謝ですm(_ _)m

昨日は今年初のYMOでセカマケのち、Q&Aのち、今年初のべんけいうどんでした(笑)

今回は使い慣れた前のPCのウィンドウズ7から投稿しました。

ちゃんと行間あくし…なんでやウィンドウズ10(Θ_Θ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。