投稿者 alldays-vacation | 2016年5月16日

部屋を安息の場所に!

ようやくマシになってきましたが、まだ喉が少しイガイガ(x_x)

私だけでなく、なんか最近この症状の人が増えている気がします。

というのも、この時季、晴れた日には大陸からいっぱい黄砂&PM2.5が飛来しているからです。

ていうか年がら年中じゃないのか???

ちょっと古い、昨年の8月の産経新聞のニュースでこんなのがありました↓(以下転載)

———-

中国で深刻な大気汚染の影響によって、1日約4千人が死亡していることが14日までに、明らかになった。

AP通信が、米カリフォルニア大バークリー校の研究結果として伝えた。
研究結果は近く、米科学誌に掲載される予定。

同校の研究チームが、中国当局が定めた新たな大気の監視基準に基づいて算出したところ、中国では年間約160万人が、大気汚染を原因とする心臓や肺の疾患、脳卒中で死亡しているという。

世界保健機関(WHO)が2014年に発表した報告書では、世界中の大気汚染に関連する死者は年間約700万人。
そのうち約23%を中国が占めている計算になる。

研究チームによると、13億人を超える中国の人口の38%が、米環境保護局(EPA)の基準で「不健康」とされる大気レベルの地域に居住している。
状況が最も深刻なのは北京の南西部という。

(中略)

13年には、北京のがん患者が10年で60%増加したとの統計も示されている。

(中略)

同市は08年夏季五輪を開催した際も大気汚染の改善を誓いながら、五輪後は状況が更に悪化した“前科”がある。
同五輪では、男子マラソンの世界記録保持者(当時)、ハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)が大気汚染を理由にマラソン出場を回避した。

今回の研究結果が公表されたことで、北京冬季五輪でも、ノルディックスキー距離などの屋外で行われる持久系種目を中心に、大気汚染を懸念する声が高まりかねない。

———-

怖いです…

私たちが呼吸している空気は、呼吸器官だけでなく、免疫力、アレルギー、脳の機能など、健康のあらゆる面に直接影響を与えます。

中国が大気汚染をすぐに改善してくれるとは思えませんし、私たちは自衛するのみです。

外ではマスクをするくらいしかありませんが、家の中の空気くらいはせめて安全にしておきたいものです。

安息空気

特に、寝室の空気は重要です。

そういえばユータロは、依然は強力な猫アレルギーで、毎日点鼻薬をかかせない日々を送っていたそうですが、

アトモスの空気清浄機を導入してからは、いっさい要らなくなったそうです。

さてここ数日。

ミッスーがLSC帰りに相談に来たり、タッカーが来宅したり、シュウジグループを連れてめぐみさんのホームミーティングにゲストで話にいったりでした。

20160513

めぐみさんのお宅って、いつ行ってもオシャレですが、

この家を30代半ばで建てられ、たった7年でローン完済されたって話しにはビックリですo(゚◇゚o)

グループにいろいろ話してくださり、ありがとうございました☆

土曜は小浜のバンガローにこじんまり(笑)80人でおじゃま。

2016051401

この季節の小浜は超気持ちいいです!

きぶちゃん&しずかが中心となって企画したクララのBDサプライズも大成功(σ・∀・)σ

2016051402

調子にのって、なんちゃってテニスまでしてしまいました…靴下で!

まっすんCAとスタッフのみなさんいつもありがとう☆

2016051403

葵祭の昨日は、気候も良かったのでマリリンとブラブラ。

新しい人と3人お知り合いになりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。