投稿者 alldays-vacation | 2017年1月30日

汚染物扱い(-o-;)?

今日は講談社のサイトで読んだショッキングなニュースから。

長くなるので内容をまとめると、

日本の野菜や果物が海外の多くの国では「汚染物扱い」されているのに、多くの日本人はその事を知らない!

というのです…

原発の事故による放射能汚染のことを指しているのかと思えば、それではなく野菜の硝酸態窒素の問題なんです。

それってどういうことなんだろう?

硝酸態窒素は化学肥料、それに有機栽培で使われる家畜の糞尿の未完熟のものに含まれます(以下転載)

——————–

体内に入ると亜硝酸態窒素という有害物質に変わり、血液中のヘモグロビンの活動を阻害するので酸欠を引き起こし、最悪の場合死に至ってしまいます。

また、発がん性物質のもとになったり、糖尿病を誘発すると言われている怖ろしいものなんです。

ヨーロッパでは硝酸態窒素に対して厳しい規制があり、EUの基準値は現在およそ3000ppmと決められています。
それを超える野菜は市場に出してはならない。
汚染野菜として扱われるのです。

ところが日本にはその基準がなく野放し。
農林水産省が不問に付しているからです。

スーパーで売られているチンゲンサイを調べたら硝酸態窒素、いくらあったと思いますか?
1万6000ppmですよ!

米はどうか? 最低でも1万2000ppm。
高いほうは……とんでもない数値でした。
ここには書けません。皆さん、パニックになってしまうから。

それに比べて自然栽培農家の作ったコマツナは、わずか3・4ppmでした。

農薬も問題です。

日本は、農薬の使用量がとりわけ高い。
平成22(2010)年までのデータによると上から中国、日本、韓国、オランダ、イタリア、フランスの順で、単位面積あたりの農薬使用量は、アメリカの約7倍もあります。

残留農薬のある野菜を食べ続けると体内に蓄積されていって、めまいや吐き気、皮膚のかぶれや発熱を引き起こすなど、人体に悪影響を及ぼすとされています。
日本の食材は世界から見ると信頼度は非常に低く、下の下、問題外。

もう日本人だけなのです。日本の食材が安全だと思っているのは。

ヨーロッパの知り合いから聞いた話ですが、日本に渡航する際、このようなパンフレットを渡されたそうです。

「日本へ旅行する皆さんへ。日本は農薬の使用量が極めて多いので、旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。あなたの健康を害するおそれがあります」

——————–

記事はこの後も続きます。

原文は↓
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50668

TPPはトランプ政権の誕生によって風前の灯ですが、日本の農家、というか農協がTPPに反対していた理由も、実はこのあたりにあるのでは無いでしょうか?

逆にまじめに国際競争力のある農作物を作る努力をしている農家はTPPに賛成の人が多いように思います。

ともかく、私はこの記事を読んで、トリプルという「スーパー野菜」があって本当に良かったと改めて実感しました。

世界一のハードル

ニュートリの有機農法がいかにすごいのか、この地球上で貴重なのものなのか…

新しい土地を手に入れても、最低10年間かけて全ての土を入れ替えて、それまで使われてきた肥料や農薬の影響を一掃すること。

大気汚染によって雲=雨水が汚染されることを何十年も前に予想し、降雨量が少なく、ミネラルが豊富で綺麗な地下水が尽きない土地を選別してきたこと。

除草剤も農薬も化学肥料も水道水も使わず、土地を休ませながら(休耕農法)、衛星で地質を監視してきた事。

それらを何十年も続けてきた土地を、神奈川県と同じ面積、自社で所有している事。

その全ては、日本の一般的な農法はもちろん、それよりずっと厳しいヨーロッパの農法の基準をもはるかに上回る安全性です。

私たちは毎日トリプルを摂る時に、それがどんな手間をかけて作られた野菜と果物かを想像して摂るべきだと思いました。

さてここ数日。

Dプロはアキラがゲスト☆アフターは久々のイタリアンでした。

20170126

律ちゃんクルミちゃんと約束していた食事へ。

マリリンのご褒美と結婚を兼ねてバラくんも招待しました。

20170127

やき蟹とワインを堪能した後はまたまたカラオケ(笑)

カフェMTGのANOマケは満員御礼。

カフェBARイベントも70人の人いっぱいで、初めましての人もたくさん来ていました。

20170128

飽食と酒の日々でした…

テニスの全豪オープンはフェデラーが優勝☆

かつて栄光をほしいままにした帝王が世界ランク17位まで落ち、

でも腐らず、あきらめず、焦らず、自分を信じて、奇跡の復活をなしとげました。

しかも決勝の相手が、かつて最も名勝負を繰り広げた宿命のライバル、ナダルとは!

まるでドラマのようでした。

2017zengoopen

死闘後、フェデラーとナダルがお互いの健闘を称えあう姿は泣きそうになりました。

スポーツもビジネスも、様々な出来事を乗り越えて達成するからこそ、本当に人の心を揺さぶるんだと思います。

私たちがしているAwビジネスは、困難にチャレンジする勇気さえあれば、

そして真摯に人と向き合う気持ちさえあれば、才能に関係なく、誰もがフェデラーと同じ感動、それに感謝を味わえます。

それは、実際に体験した人でないとわからないと思います。

そして東京のアヤカGのあっくんからDD達成の報告がありました!

akkunnewdd

新潟から東京にやってきて、大好きで誇りをもってしていた仕事(アパレル店長)から転職して、Awビジネスをチャレンジする道を選んだあっくん。

きっといろんな葛藤や出来事を乗り越えてきたと思います。

DDはまだスタートラインのピンですが、

これからも謙虚さを忘れず、チャレンジャーの心を保ち続けて、F.DD、エメラルド、ダイヤモンドに向かってください。

あっくん、本当におめでとう♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。