投稿者 alldays-vacation | 2017年3月20日

カルマグと突然死

先日、オガワExに来ていただき、カフェMTGで話していただきました。

オガワさんは「カルマグマリコ」とカオルさんから命名されるほど、カルシウムとマグネシウムを語らせたら右に出る人はいません。

Awをされるために医学部を中退されましたが、その後、スタンフォード大学でも学び、今も関わられている予防医療活動がNHKや雑誌でも取り上げられた人です。

カルシウムとマグネシウム(以下、カルマグと略)

このふたつは現代の日本人に足りてないミネラル代表です。

カルシウム所要量と摂取量

カルマグは筋肉を動かす時に、絶対に必要です。

筋肉は、腕や脚など、自分の意思で動かしている筋肉「随意筋」だけではありません。

心臓を動かしている筋肉(心筋)や、腸を動かしている筋肉など、自分の意思では動かしていない筋肉「不随意筋」もあります。

では、そういう不随意筋は何が動かしていると思いますか?

それは「自律神経」です。

カルマグはそのあたり全体に必要な栄養素なんです。

カルマグっす

カルシウムと言えば「骨」というイメージが強いと思います。

実際、カルシウムは99%、骨や歯にあります。

でもそれはある意味「貯金」されてるんです。

本当に生命維持に重要なのは、血液の中にある1%。

血液からカルマグの濃度が一定以下になったら、心臓の筋肉がいつ止まってもおかしくありません!

カルマグと心臓

それが多くの「突然死」の原因です。

それを防ぐために、血液中のカルマグ濃度が低くなっていくと、骨から貯金を下ろしはじめます。

でも明日の支払いが3700円で、3700円きっちり下ろす人なんていませんよね?

少し余裕をもって4000円とか5000円とか下ろすわけです。

そうやって貯金を下ろし続けると骨はカスカスになっていきます。

この状態が「骨粗鬆症」です。

骨粗鬆症

若い時から、せっせとカルマグを摂りつづけないと、いつも「ギリギリ」で生きてると、骨粗鬆症になる可能性が高いです。

では、どんな人が特に注意なのか?

どれくらい摂ればいいのか?

などの話はまた次回(‘◇’)/

さてここ数日。

たっちん&しゅうじ&あずまつGの月一食事会はクィーンクックで作るいなり寿司。

できたてのいなり寿司はうまうまでした♪

20170319

たっちんGのアヤーナ?におさらいマケしたり、

久々にかなちゃんが来たり、

土曜はサリパパ&ママと観光。

まずは東山パインでお茶。

ちょうど博物館ではゆるキャラのイベントがやっていて、「トラりん」という博物館のゆるキャラのステージをしていました。

トラりんは尾形光琳の「竹虎図」という絵からとったキャラだそうです。

食事のちカフェBARイベントへ。

サリママのノリコさんは初めてお会いしましたが、話していてとても楽しい人でよかった(^人^)

20170318

昨日はそのノリコさんが忘れ者取りに我が家へ。

午後から、マリリン、バラ、けんちゃん、しほちゃん、マナイちゃんが来てセカマケ。

夜はアヤビチ、ダテミッチー、チャキくんが来てANO的雑談でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。