投稿者 alldays-vacation | 2017年7月29日

口の中と肺の関係

先日、作曲家で歌手の平尾昌晃さんが79歳で亡くなられました。

平尾さん作曲の一例をあげると(敬称略)

五木ひろし「夜空」「よこはまたそがれ」

小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」「私の城下町」

アグネスチャン「草原の輝き」

梓みちよ「二人でお酒を」

アンルイス「グッドバイマイラブ」

天地真理、荒木一郎、伊東ゆかり、奥村チヨ、尾崎紀世彦、桜田淳子、沢田研二、氷川きよし、布施明、松田聖子、水谷豊、都はるみ、山口百恵…と、楽曲提供した歌手は多数。

また、音楽学校(現在全国8校)も創立され、松田聖子、倖田來未、後藤真希、狩人、畑中葉子、川島なお美、石野真子、川崎麻世、大沢逸美、森口博子、芳本美代子など、錚々たる卒業生がいます。

私の世代は、畑中葉子との「カナダからの手紙」くらいからしか記憶が無いですが、もっと若い頃はロカビリースターだったんですね☆

ロカビリー3人男

ロカビリーって、ロックンロールとウェスタンが混ざってる感じでしょうか?

世代を音楽的に勝手に分けると、

私たちが「ソウルトレイン世代」として、

その前が「フォーク世代」
の前が「ブリディッシュロック(ビートルズ)世代」
の前が「ロカビリー(エルビスプレスリー)世代」
の前が「ジャズ(フランクシナトラ)世代」

って、感じがします。

2003年には紫綬褒章を受章され、まさに昭和の歌謡界を創ってきた方です。

ご冥福をお祈りします。

なぜ平尾さんの事を書いたかと言えば、死因が「肺炎」だったからです。

肺炎で亡くなる人って意外に多いんです!

なんと日本人の死因3位!

そして、その怖い肺炎と、口の中の環境が非常に関係が深いって、知ってますか?

肺炎を予防する重要項目には、

手洗い、うがい、マスク、免疫力を保つことの他に、

「口腔内を清潔に保ち、誤嚥(ごえん)による感染を防ぐ」という項目があります。

口の中の菌が誤って気管支のほうに入ってしまい、そこから肺炎になるケースが、特に高齢になってくるとかなり多いんです。

誤飲と肺炎

高齢でなくても、気管支が弱かったり、よくむせる人は注意!

前にも書きましたが、口の中の菌って、実はいろんな病気の原因になってるんです↓

2016.12.15

私は音波振動歯ブラシと、マウスウォッシュの併用をオススメします。

音波振動歯ブラシは、UVランプがついていて、振動で歯垢を落とすだけでなく磨いたところを殺菌できるのが凄いです。

詳しくは過去の日記↓

2015.12.28

マウスウォッシュは、歯周病の原因菌をやっつけてくれます。

コツは、すぐに吐き出さずに、口の中でしばらくクチュクチュして、歯茎にしみこませるようにする事です。

歯みがき3種使い分け

音波振動歯ブラシと、マウスウォッシュで、口の中の環境を綺麗に保ってください(‘◇’)/

さてここ数日。

ゴスペル行ったり、自宅で男のスキンケアを話したり、

めぐみさんにDproのゲストに来ていただき送迎したり、

20170727

シュウジの食事会でリョウタの誕生日お祝いしたりでした。

今月も月末!チャレンジ中の人はもうひとつ予定を入れて、ガムばってください(‘◇’)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。